お知らせFIORE INFORMATION

新型コロナワクチンと妊婦さんについて(2月18日付け産婦人科医会の考え)

2021年02月18日

日本産婦人科医会からコロナワクチンについて新たな情報がありました。

まとめますと、

①感染リスクが⾼い医療従事者、重症化リスクがある可能性がある肥満や糖尿病など基礎疾患を合併している⽅は、ワクチン接種を考慮する。

②器官形成期(妊娠 12週まで)は、ワクチン接種を避ける。

③⺟⺟児管理のできる 産婦⼈科施設等で接種を受け、なるべく接種前と後にエコー検査などで胎児⼼拍を確認する。

④妊婦のパートナーは、家庭での感染を防ぐために、ワクチン接種を考慮する。

⑤妊娠を希望される⼥性は、可能であれば妊娠する前に接種を受けるようにする。

 

③については、当院以外で注射する場合は、注射後にエコー検査においでになると良いでしょう。

https://www.jaog.or.jp/wp/wp-content/uploads/2021/02/210218.pdf